topimg

リ ン パ と は ?

リンパとは?

全身の老廃物、病原菌の濾過と栄養分の輸送を行う

リンパには
・血管のように全身に張り巡らす「リンパ管」
・リンパ管の節々にある空洞「リンパ節」
・リンパ管を通りリンパ節へ老廃物や病原菌、栄養分を運ぶ「リンパ液」
・病原菌をやっつけ、老廃物を濾過する「白血球(リンパ球等)」などがあります。

これらを総称して「リンパ」と呼ばれることが多いようです。

リンパの役割

リ ン パ 管 と は

リンパ管は血管と同じように全身に張り巡らされています。
私たちの体は37兆個の小さな細胞で出来ていています。
37兆個の細胞は生きる為のエネルギーを毎日産生しています。
そして二酸化炭素(CO2)や老廃物をを吐き出します。
血管はCO2を運び、リンパ管は老廃物を運びます。
その他、血管に入れない大きい分子の栄養分、例えば脂肪酸などを運びます。

リ ン パ 節 と は



リンパ節はリンパ管の節々にある小さな空間です。
全身に800ヶ所あると言われています。
特に病原菌の侵入経路である咽頭や顎周辺にはリンパ節が100ヶ所あると言われています。
リンパ節には無数の白血球(リンパ球等)が待機しています。
リンパ管を通ってやってきた病原菌をやっつけ無毒化したり、老廃物を濾過する場所です。
白血球(リンパ球等)の戦う場所でもあるのです。

リ ン パ 液 と は



リンパ液はリンパ管を通り、病原菌や細胞から吐き出される老廃物を回収しリンパ節へ運ぶ役割があります。
リンパ節で濾過された後は、鎖骨下静脈とつながっており、血管と環流します。
その為、血管の中に入れなかった大きい分子の栄養素(脂肪酸など)もいったんリンパ管を通り、最終的には鎖骨下静脈で血管の中に入ることができるのです。

リ ン パ 球 と は



リンパ球は白血球の仲間で、ウイルス駆除を得意とします。
その他、老廃物の濾過や傷ついた細胞の修復を行います。
血液は心臓が動くことで流れていきますがリンパ液は違います。
リンパ液は骨格筋が動くことで流れることができます。
つまり、長時間同じ姿勢でいると筋肉を動かさないのでリンパの流れが悪くなり体の不調が起こります。

リンパトリートメントとは

リンパ液の流れを促し、リンパ球を活性化することでアイチングケアや免疫力UPにつなげること

リンパトリートメントは、冷えやむくみ等体の不定愁訴、免疫力UPに良いと言われています。
リンパの流れをよくすることで白血球(リンパ球等)が活性化し病原菌、老廃物の濾過がスムーズに行われるからです。
では、何故老廃物が溜まると体に不調が現れるのでしょうか?
冷えとむくみの症状に絡めてお話するとより理解しやすくなります。

詳細はこちら↓↓
冷えやむくみが起こる原因
おすすめの記事